本寄付講座のミッション

三井不動産株式会社は、平成21年度から東京大学公共政策大学院に寄付講座「不動産証券化の明日を拓く」を設置してまいりましたが、今般その内容を刷新し、平成29年4月から新たに寄付講座「都市地域政策と社会資本マネジメント」を開設いたしました。

人口減少、少子高齢化、情報化、そしてグローバル化といった我が国の社会・経済構造の変化に伴い、都市政策・地域政策の分野においてもまた、都市機能の維持再編、都市間競争力の強化、地域経済力の向上、低炭素化社会への対応、地域情報化といった新たな政策課題への対応が求められています。

特に、高度成長期に大量に整備された社会資本(インフラストラクチャー)が一斉に更新期を迎える中で、財政状況を勘案しつつ高度化・多様化する社会的ニーズに対応していくためには、民間の資金やノウハウを活用しながら社会資本の整備・更新・運営・管理を総合的にマネジメントしていくことが求められています。

本講座は、こうした新たな政策課題に対して、特に社会資本マネジメントの観点から、産学官の幅広い連携の下で多角的・実証的な政策研究を行うとともに、政策の研究・立案・実施を担う人材を育成していくことを目的とするものです。

なお、本講座の研究成果は、シンポジウムやセミナーの開催等を通じて広く社会に還元し、都市政策・地域政策の諸課題に関する教育研究基盤の形成に寄与することをめざします。