ERES 公開フォーラム 2015

「民間の活用」から「民間との協働」へ
~市民・民間主導の地方創生に向けて~

日時:2015年11月12日(木)14:00-17:00(開場 13:30)
会場:東京大学 伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール(本郷キャンパス)MAP
定員:400名(事前申込制、入場無料)
主催:東京大学公共政策大学院

※事前申込制(先着順)、入場無料

講演記録 PDF: 1.37MB

開催趣旨

公共サービスに対する住民ニーズの多様化・高度化や自治体財政の悪化等を背景に、行政と民間が連携して公共サービスの提供を行う「公民連携(PPP)」が注目を集めています。しかし、しばしば民間の力を「活用する」と表現されるように、公民が「連携」するとはいっても、その主導権は基本的には行政の側にあるというのが従来の一般的な認識だったと思われます。

一方、近年、特にまちづくりや地方創生の現場において成功事例と評される取り組み事例の中には、むしろ民間が主導的に動き行政はそれを支援するといったスタイルのものが多いように見受けられます。

民間が動きやすい環境を整えることで民間の力を最大限に引き出すことができるのだと考えるならば、こうした「民間との協働」の取り組みは理に適っていると言えますが、一方で行政の側にとっては、従来のように行政が主導するのではなく、むしろ民間が動きやすいようにサポートする側に回るということになると、業務の進め方や取り組み意識について大きな変革が求められることになります。

そこで本フォーラムでは、こうした「民間との協働」を通じて一定の成果を上げている事業をご担当されている行政職員の方々をお招きして、それぞれの実体験も踏まえたお話をお伺いし、「民間との協働」の可能性と課題について、多様な視点から議論を深めていきたいと考えます。

プログラム

(司会進行)特任教授 辻田昌弘

14:00-14:05 寄付者挨拶
三井不動産株式会社専務執行役員 川本正一郎氏
14:05-14:10 主催者挨拶
14:10-15:00 基調講演
『市民・企業・行政が三位一体となって水辺を変える!それが、ミズベリング・プロジェクト!』
国土交通省関東地方整備局京浜河川事務所 事務所長 藤井政人氏
15:00-17:00 パネルディスカッション
『民間と協働するということ~小倉家守・グリーンバレー・百年の森林それぞれの現場から~』
北九州市産業経済局新成長戦略推進室サービス産業政策課
 事業推進担当係長 片山二郎氏
徳島県神山町総務課企画調整係主査 杼谷学氏
岡山県西粟倉村産業観光課課長 上山隆浩氏

お問い合わせ先

Email: