ERES 公開フォーラム 2010
我が国の持続的成長を牽引する
社会資本整備と資金調達手法の多様化』
日時:平成22年10月19日(火)14:00~17:30 開場(13:00)
会場:東京大学本郷キャンパス大講堂(安田講堂)
主催:東京大学公共政策大学院
後援:国土交通省/不動産証券化協会

開催趣旨

環境対策や地域活性化、都市再生など社会的意義は大きいが、採算性やリスクの問題から市場経済だけでは実施できない社会投資案件は数多く存在します。また高度成長期に整備された社会インフラの多くが老朽化し更新期を迎えています。しかし財政難を背景に公的資金だけで実施できるものには限界があります。他方で年金基金等内外の資金が安定的な運用先を求めています。

そこで本フォーラムでは、証券化やインフラファンド、市民ファイナンス等多様な資金調達手法の導入により、公民連携の幅を広げつつ我が国の持続的成長を戦略的に牽引するプロジェクトに多彩な資金を呼び込むとともに、公有資産を効果的かつ効率的に運営管理する方策を考えてまいります。

プログラム

14:00~14:05主催者挨拶
金本良嗣 東京大学公共政策大学院教授(三井不動産寄付講座運営委員長)
14:05~14:15来賓挨拶
竹歳誠氏 国土交通事務次官
14:15~15:00寄付講座紹介
特別講演「不動産証券化と我が国の持続的成長につながる都市戦略」
岩沙弘道氏 三井不動産株式会社 代表取締役社長 (配布資料 PDF, 125KB
活動紹介:内藤伸浩 東京大学公共政策大学院特任教授 (講演記録 PDF, 558KB | 発表資料 PDF, 388KB
15:00~15:50基調講演
「地方分権改革のゆくえと行財政の自立と規律」 (講演記録 PDF, 543KB | 配布資料 PDF, 120KB
増田寛也氏 東京大学公共政策大学院客員教授、(株)野村総合研究所顧問、前岩手県知事、元総務大臣
15:50~16:00休憩
16:00~17:30パネルディスカッション (配布資料 PDF, 159KB)(動画配信
「財政危機における社会インフラ整備と自治体・地域・市民の役割」
パネリスト
森 雅志氏 富山市長 (発表資料 PDF, 2.09MB
上山信一氏 慶應義塾大学総合政策学部 教授 (発表資料 PDF, 465KB) (関連参考資料 PDF, 1.53MB)
福田隆之氏 ㈱野村総合研究所 公共経営戦略コンサルティング部 主任研究員 (発表資料 PDF, 134KB
尾崎昌利氏 三井不動産㈱執行役員 不動産ソリューションサービス本部長 (発表資料 PDF, 1.50MB
コーディネイター
中川雅之 東京大学公共政策大学院特任教授、日本大学経済学部教授 (発表資料 PDF, 206KB

講演者のプロフィールなどは以下のパンフレットをご参照ください。