<三井不動産寄付講座主催 公開セミナー>

新しい社会資本ファイナンス
~ヘルスケアリートとレベニュー債~

日 時:2013年7月29日(月)14:00~17:00
会 場:東京大学法文1号館25番教室(地図
主 催:東京大学公共政策大学院/不動産証券化協会
協 力:国土交通省

開催趣旨

不動産証券化は、Jリートや私募ファンドなどを通じた新しい資金循環を創設することで、財政難の下で民間資金を活用した新たな社会資本形成に貢献してきました。それはオフィスや商業施設、賃貸住宅にとどまらず、物流施設や研究開発施設など社会が必要とする新たな施設にも及んでいます。

しかし病院や高齢者向け住宅などのヘルスケア施設あるいは庁舎やインフラ施設などの公用・公共施設を証券化する事例は、まだ限られています。他方で米国や英国、オーストラリア、カナダ、シンガポールなどの諸外国では、それらが幅広く証券化され、そこに民間資金や年金基金が投資することで、その整備や安定的管理に寄与しています。また証券化を通じた市場規律の導入により、市民福祉と運営効率を同時に向上することが図られています。

そこで本セミナーでは、産官学の関係者が参集し、Jリートやレベニュー債などを活用したヘルスケア施設や公用・公共施設の証券化の進め方やその課題など、新しい社会資本ファイナンスのあり方を考えます。

プログラム

14:00~14:15 主催者挨拶
岩沙弘道(一般社団法人 不動産証券化協会 会長)
14:15~15:00 講演 I
『都市地域政策と社会資本ファイナンス』
竹歳 誠 客員教授 (前内閣官房副長官、元国土交通事務次官)
発表資料1(PDF, 146KB)  発表資料2(PDF, 1.88MB)
15:00~15:30 講演 II
『ヘルスケア施設の供給促進と不動産証券化手法の活用』
小林 靖 氏 (国土交通省 土地・建設産業局 不動産市場整備課長)
発表資料(PDF, 1.22MB)
15:45~16:15 講演 III
『増大する病院等の更新問題とファイナンス』
栗原 美津枝 氏 (日本政策投資銀行 企業金融第6部長)
発表資料(PDF, 3.17MB)
16:15~17:00 講演 IV
『茨城県エコフロンティアかさま レベニュー信託について』
鈴木 哲也 氏 (茨城県 総務部次長 兼 行財政改革・地方分権推進室長)
発表資料(PDF, 2.34MB)