<三井不動産寄付講座主催 特別講演会(学内セミナー)>
仕事としての「公共政策」~霞が関の現場から~
講演者:竹歳誠 客員教授(前内閣官房副長官、元国土交通事務次官)

前内閣官房副長官(元国土交通省次官)が語る「公共政策」の課題と求められる人材

公務員は「ヤク者」を目指せ?/理論と現実のはざまで

改革の原動力は継続する志と具体化する知恵/「課長実力、局長人望、次官運」?

日 時:平成25年5月27日(月)17:00~18:30
終了後、参加者との懇談会(立食形式、参加無料)があります。
会 場:法学政治学系総合教育棟(ガラス棟)201教室(地図
定 員:100名(懇談会は40名、いずれも先着順)
対象者:本学学生および教職員

講演者略歴

竹歳 誠(たけとし まこと)

(主な経歴)

昭和47年東京大学法学部卒業。同年建設省入省
昭和52年オックスフォード大学経済学修士(M.Phil in Economics)
建設業課長、会計課長、文書課長等を経て
平成15年都市・地域整備局長
  17年総合政策局長
  18年大臣官房長
  19年国土交通審議官
  22年国土交通事務次官
  23年内閣官房副長官(事務) (24年12月退職)
  25年三井住友海上火災㈱顧問(3月より)
東京大学公共政策大学院 客員教授(4月より)

景観法制定、まちづくり交付金創設、バリアフリー法改正、21世紀の都市ビジョン策定、90年ぶりの入札制度改革、日米建設市場開放交渉、1995年建設産業政策大綱など、公共投資政策、都市政策、建設産業政策を担当。平成8年6月、東京大学工学部非常勤講師。平成21年3月OECD地域開発政策委員会政府代表。

(論文等)

2009年市場と政府 -国土交通行政におけるいくつかの事例-(会計検査資料2月号)
2002年夢・都市計画・市場 -市場と共存可能な計画システムを求めて-(新都市11月号)
2001年田園都市は誤訳か -農地としてのgardenに関する覚書-(新都市12月号)
2001年ポジティブ・プラニング -計画の積極的実現-(庭園都市日本構想所収)
1993年National Urban Policies in a Market Economy(市場経済における国の都市政策)
1987年Regional Economic Policies: Through High Technology Oriented Industries(地域経済政策:ハイテク産業による開発 学習院経済論集 共著)
1977年Public Investment by Borrowing(公債発行による公共投資)

お問い合わせ先

電子メールにて、eres-office@pp.u-tokyo.ac.jpまでお問い合わせ下さい。